忍者ブログ
DQ10で活動中の魚人。 チーム「コスポ・ミ・レイジュ」所属。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、イコプです。





本日、妻からLINEで「どうやら風邪を引いて咳が止まらないのでもうダメかもしれません」との速報を受けました。

妻がもうダメになってしまうとは非常事態。

私としても心の支えを失い、精神的に不安定になってしまいます。

そして何より永遠にたまり続ける洗濯物が、私を最終的にノーパンサラリーマンへと誘う可能性を考えるともう不安でいてもたってもいられません。


「わかった、今日の御飯は俺が作るから!お前は布団に入って寝ていなさい!」


と出来る夫オーラ全開のメールを送信。「部屋が寒くてさらに死にそうです」と何故か自宅で凍えている妻に布団に潜るよう指示しながら、体力の回復に努めてもらうことにしました。




通常の2倍の速度で仕事を終え、帰宅。

玄関に転がり込むと、妻は布団の中からボッフーンと飛び出してきたので、想像以上に元気で良かった良かったと思われたのですが、「おかゲフィッ!お、おゲフンゲフンゲッフーン!ゲフゲッフゲッッフーン!!ゲフえり!」ともう走る咳機関車みたいになりながら私のほうに向かってきましたので、素早く感染のリスクに備え布団に戻るように指示。

これは栄養のあるものを作って速やかに元気になって私のパンツを洗ってもらう必要がありそうだと、冷蔵庫を開け放ちました。




ほほう。

これと、これ。そして、これだな!!




吟味のすえ発見した材料はこちら。


玄米(生)
ニンニク1かけら
人参一本




敗色濃厚な布陣です。

この他にも、何に使うかわからないスペアミントという草や、しわしわになったセロリ、ハーゲンダッツなどの食材を発見はしたのですが、私のスキルで使えそうなものは写真の3つだけだったのです。

「生米と、ニンジンのみじん切りサラダ ニンニクを添えて」

というメニューが一瞬脳裏をかすめましたが、帰宅ながら妻に「うまいもんつくったるでな!うまいもんと、うまくないけど栄養のあるものと、うまいうえに更に栄養のあるもんとどれがいいかな!」みたいな俄然調子こいた感じのメッセージを送っていただけに、ハードルは上がっています。

この食材だけでめっちゃうまくて栄養のあるものを作る。

パンツのために。腕の見せ所です。







できました。

玄米リゾットです。

何となく余っていた豆乳を途中発見したので、豆乳リゾットにして人参を加えてなんか色々散らせばもう見た目にもおいしそうな上に栄養もたぶんたっぷり消化もきっとよいという完璧な一品です。


完璧な仕事をこなしたと思われましたが玄米をリゾット状態で炊き上げるということに想像以上に時間がかかりまして、「はらへりペコマズン・・・」という謎の呪文を布団から唱える妻の声を聞きながら料理が完成したのは何と0時30分!

病人の睡眠を削ってまで栄養を投与することは果たしてメリットとデメリットどちらが上回るのかこれは神のみぞ知るわい・・・と達観しながら食べました。美味しかったです。






さて、そんな感じで最近は布団から止まらぬ咳を聞きながらドラクエをしています。

作日、Twitterでフレンドのあやぱん

「あと5時間で悪霊カードが切れちゃう!誰かいこう!」

みたいなツイートをしていたんですね。

しかし、ふとフレンド欄を見てみると、
ツイートしてたのに1人ソロで住宅街にいるあやぱんの姿が。

そのとき私の脳裏には何故か段ボールの中にうずくまる子犬が浮かびました。

これはいけない。

あやぱんを1人にさせておく訳にはいかない。

あやぱんの悪霊を無事消費して、あわよくば手伝ったふりして仮面を頂く上に俺のドラゴンガイアももうすぐ切れる寸前だから手伝ってもらおうそうしよう、と男らしさ溢れる気持ちであやぱんを誘いました。


イコプ「行こう」

あやぱん「行こう」



あやぱん





さて後二人集める必要があります。

せっかくなのであやぱんにどんなパーティにしたいのか、これから始まる冒険にふさわしい仲間はどんな人が良いのか聞いてみることにしましょう。











あやぱんの希望の人材としては「やさしくて」「おこらなくて」「叩かない」人とのことでした。

ここまで聞いてあやぱんの過去に何があったのかとても心配になりますがまあ僕たちネット上での付き合いですからそこはまあこれ以上詮索しないのが大人の関係性ってことでそっとしておくことにします。がんばれ!あやぱん!そう心の中で応援しておきました。


で、応援しながら一応ご希望の人材をフレンド欄を見ながら探しました。


やさしくて

おこらなくて

叩かなさそうな人


うーん・・・


いた!!!



ロッソ







チームリーダーも努める彼。
溢れんばかりの優しさと器のでかさはフレンドの中でも定評のある人材。彼なら間違いはありません。辛い過去に凍てついたあやぱんの心も溶かしてくれるはず。




































ロッソという決して女性を悲しませず、決して怒らず、決して手をあげることなどしない、ただただうんこを投擲してくるだけという男を仲間に入れた私たち。ここまでは万全です。気のせいかあやぱんも満足気な表情ですね。









不満だったようです。


ということで、「うんこ投げない人」というさらに厳しくなった条件を満たす人材を、後一人探す必要があります。フレンド欄を探します。



うんこ投げない人


うんこ投げない人


・・・

















選ばれし4人が揃いました。

今度こそあやぱんも満足げな表情です。

ただ、ぽんさんが「何?何?」とややパニックになっていましたので、説明しておく必要があります。









「完全にわしむらぽんは合点がいったわい」とそんな感じのむらぽんを連れて、いざ迷宮に向かいます。

あやぱんの悪霊、見事撃破してみせる!

まず構成を考えましょうか。




現在の構成は明らかにおかしい。

誘ったままの構成ですからね、さすがにこれはいけません。

回復職が必要です。僧侶がまず1人はいたほうが良いでしょうね。

ロッソが「OK把握した」と空気を完全に読んだ発現をしたので、ロッソに任せることにしましょう。さすがはロッソ。何も言わずとも、以心伝心通じ合うことが出来るフレンドがいて僕は幸せです。

















さて、そういうわけで迷宮にたどり着きました。
武闘家、武闘家、武闘家、武闘家というドラクエ3だったらもうレーベの村にたどり着くのがやっとのこの構成でロッソがねじこんだカードでグラコスに挑むわけです。


闇夜に煌めく、武闘家4人の挑戦。

負けたくない一心で、四人は戦いました。

持てる力を尽くして。

持てる世界樹も使い尽くして。





戦闘中はとにかく全員がためまくります。

ぼっふーん!ぼっふーん!と大興奮の4人。










満足です。

4人の力が合わされば、武闘家4人でグラコスは倒せるのです。

規定された常識なんかに囚われていてはいけないのです。

やれば出来る、そんな言葉を胸に、僕たちは満足して寝ました。

あやぱんの悪霊は一枚も使われなかったのですが、満足して寝ました。







応援クリックおしてけろ!

拍手[172回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
 無題
無かったものは紙に書いて再現することで乗り切ろうではないかという先人の言葉を思い出しました。しかしそこは聡明なイコプさん。相手が病人であるうえ、ペコマズン状態からの紙に書いた料理を提供するという死者に鞭うつ諸行を回避したところにさすがとしか言いようがありません。師匠と呼ばせてください。
ホユ 2014/12/04(Thu)02:11:56 編集
 無題
ほっこりいたしました。
メメタァ 2014/12/04(Thu)07:31:24 編集
 無題
ミイちゃんの具合は大丈夫なのかということと、あやちゃんのカードの期限の行方の続編お待ちしてますw
レインディア 2014/12/04(Thu)08:36:10 編集
 無題
悪霊はっ!?w
のん 2014/12/04(Thu)09:53:44 編集
 無題
すごいおもしろかったです!
あやぱんさんと絡んだことあったのでなおさら面白かった!頑張れあやぱん!!
けーと 2014/12/04(Thu)11:47:18 編集
 無題
悪霊=グラコスですね、わかりません
いっく~ 2014/12/04(Thu)20:47:31 編集
 無題
久方にイコプン全開のBlogを拝見致し候。
満たされた気分で布団に包まれて眠りまする。奥様大切に、感染せぬようご自愛くだされ。
ワカエル 2014/12/04(Thu)22:37:15 編集
 無題
最近周りではなぜか気管支炎が流行ってます
みいほんさんがそれかはわかりませんがお大事にー

まこ 2014/12/05(Fri)01:58:49 編集
 無題
久々の更新に胸躍りました^^

お忙しいでしょうけどこれからも
更新楽しみにしてるっす~^^
カズキナ 2014/12/07(Sun)01:20:53 編集
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 畢竟ドラゴンクエスト All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]