忍者ブログ
DQ10で活動中の魚人。 チーム「コスポ・ミ・レイジュ」所属。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テンション超絶高いフレンドのレオ

れでぃこ、ですの、レオの3人娘は俺のフレンドの中でテンション高すぎ3人娘と勝手に決めています。

そんなレオさんは今度一緒にバズズに行くことになりまして、最近超絶レベル上げにいそしんでいます。普段はハチャメチャな感じな奴だけど健気な一面も持ってんのやホロリ。ということでレベル上げに必死になるあまり彼女がまさかの野良パーティに入ったとか言い出しました。




色々アドバイスした結果結局無理だったようです。レオさんよーしよしよしよくがんばったよーしよしよし辛かったな高い高ーい

ということでバザックスに行く事になりました。



初めて玉給10万越えました。バザックスってなんか大変そうというイメージでイーターが好きだったんですけど、ウマウマですねこれ凄いびっくりした。

そしてその勢いでベリアルにいくことにしました。

しかしその時は3人しかいませんでしたので僧侶フジコを召還することにしました。







何も知らせず召還。
初対面の方とボスに行く時は緊張しますよね。
コスポミレイジュを舐められちゃあいけないとフジコと作戦を練っておきます。


まさに万全






ベリアルを前にして円陣を組む我々。

部活っぽく行こう、とかけ声を作ることにしました。

私が用意した台本がこちら。


ちい「青春の風が!」
レオ「今私たちに!」
フジコ「私たちの力が!」
イコプ「今仲間とともに!」
ちい「青春していくよ!」
皆「はーい!」






ということでかけ声本番






全然台本と違うひどい というか動画まで取る必要あったのかこれ



そしてベリアルは普通に撃破できました。

誰が一番始めに宝箱あける?という話になります。
こういうときは一番運の良さそうな人があけるべきでしょう。











確認中のフジコ




崩れ落ちるフジコ









さて、そういうことなら連戦に行きましょう!
ということになりましたが、手違いで

俺とちいさんはそのまま次の迷宮へ
レオとフジコは一旦迷宮の外へ

と別れてしまったので、レオとフジコも一回迷宮をやってきて時間をつぶすことになりました。

し、しかしレオとフジコの組み合わせには何かそこはかとない不安を覚えます。
超絶ハイテンションのレオ、普段迷宮では「誰も傷つけたくない」と見逃すしかしないフジコ。
果たして野良の方も混じる迷宮でまともにやってこれるのだろうか。

そこはかとなく探りを入れます。
うまくやれてる?




もちろん、とだけ返事があったそうです
あかん完全に浮いてるわレオ


そして先に俺とちいコンビが終わりまして、外で待ってたところ。

ぜいぜい肩を揺らしながら黄色文字になったフジコとレオが出てきました。

えっ まさか えっ?




ガニラスだったそうです








さてその後も何度か連戦するもまったく銀ロザの出る気配なく。



一旦終了となりました。



再開の約束をして、休憩。

起きたら朝でした。








おまけ

それいけうちのフレ あおにゃん

イコプ「あおにゃんだよー!」

あおにゃん「あおにゃんだよー!」

とひとしきりしまして



仲良しです






クリックすると貴方に幸せが訪れます。
高い壷を買うのと同じくらいの効果があります。

拍手[41回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
 無題
超絶楽しそうですねw
一月くらい前だったか・・
カミハ領南でフジコさんをお見かけしました。
たぶんご本人かと・・
寡黙に駆け抜けて行かれました。
スコル 2013/06/16(Sun)09:38:32 編集
 このまえはどうも^^
こんにちはw
塩湖でお会いしたどわこですw
いや、突然声かけて写真まで取ってもらって恐縮です^^
ブログでははっちゃけたイメージでしたけどゲーム内ではとても紳士的でびっくりでした^^
またどこかでお会いできたらよろしくお願いします
リオ 2013/06/16(Sun)11:12:01 編集
 無題
名前はどうあれ見た目が男なら彼でいいかと
レックス 2013/06/16(Sun)13:47:27 編集
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 畢竟ドラゴンクエスト All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]