忍者ブログ
DQ10で活動中の魚人。 チーム「コスポ・ミ・レイジュ」所属。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

真災厄の後のクエストに行ってきました。
真災厄の記事はまた今度書くとしてその後の話から先にね。

ネタバレはあんまりないですが行った場所の写真とか出るので気になるかたはそっと閉じるボタンをお願いします。

たたみます(たためていたら)
右下の「続きを読む」をクリック!





拍手[39回]







ストーリーを進めようとやる気になる3人。イコプ、えりん、ジュウス。



ストーリーを進めるにあたってはやはり感情移入が必須になるます。その為にはここまでのストーリーの流れを復習しておくことが必要でしょう。ストーリーを読まないスタイルのイコプ氏とストーリーを説明するのが面倒なえりん氏がいるためここは副総裁ジュウス氏に全責任が嫁せられます。



ふむふむ適当に流された気がするけどきっと気のせいです行きましょう。

ジュウスの家に集合します。













とりあえずジュウスさんがどこで受注するのかと聞いてくるので、えりんと私が説明します。



<二人の丁寧な説明>





途中えりん氏がタコメットを倒すクエストもついでにやりたいと言うので、タコメットに関しては詳しい私(レベル上げの9割タコメット)がその場所に案内します。







そうこうしているうちに再びパーティ同盟が必要なシーンになりました。
おおう、またあそこに行く必要あるんか、ていうかこっち3人しかおらんけどどうするんだということになりまして。でもそこは我らがコスポミレイジュ。人数じゃない。絆だろう?



3人でも何とかいけるんちゃうかということになり突撃します。









4−4の2PTで挑むところを3−0の構成で挑むというのは、サッカーで言うなれば3−4−3のフォーメーションを2−1−1くらいの構成で挑むということでこれはもう勝てる気がしません。もっと分かりやすく野球で例えると3番バッターくらいまでしかいないのでピッチャー、キャッチャー、ライトしかいませんので打たれたボールは全てライトが捕球するということです。これは起死回生の作戦が必要です。

我々はジュウスのペットの「ふくぞう」を召還しつつ、2PTに別れて右と左から同時に攻める作戦に出ました。



パーティ1 ジュウスーえりんーふくぞう(ジュウスのペット)
パーティ2 イコプ  



パーティ2を構成する私イコプは右ルートを担当することになりました。
2−2で別れればいいのにな、と、ちょっとだけね、ちょっとだけ思いましたけどそこは大人ですからね僕、ペコ出させてほしいなあとは唇を噛み締め口には出さずぐっとこらえ1人右ルートに立ち向かいます。




「グルルルウ!」
「ガルルルウー!」
「プシャー!」
「ガルゥウ!!」
「キシャー!!」
「うおおーーー!!う、うおおおおっーーーーー!!」








<5匹の敵を1人相手にして生死をさまよう私に向こうのパーティから優しい声がかかる>





<5匹の敵を1人相手にして生死をさまよう私に希望の光が一瞬ともりすぐ消える>





<5匹の敵を1人相手にして生死をさまよう私のことはそろそろ忘れていた向こうのパーティからねぎらいの言葉をもらう>












ジュウス氏から生まれた奇跡的アイデアはまあもう時既に遅しで間に合いませんでしたので、そのまま進みます。

途中さすがに1−3はかわいそうということになりまして私ーぺこ/じゅうすーえりんの2on2の正しい構成になり、何とか進んで行きます。しかし圧倒的に時間がかかる。これもう間に合わない、ちょ、いっかい出てやり直そう?ということになりまして。


だいまじんの所で死ぬ事にしました。


しかし、死を選んだ3人を前にして





ぺこは 1つも諦めてなんていなかった



ぺこ「みんな、僕が助けるから!!!」

イコプ「ぺこ、ば、ばかやろう!諦めろ!!お前が勝てるわけないだろう!」
えりん「ぺこちゃん!無理しないで!危ないよ!!」
ジュウス「ぺこ、お前って奴は・・・!」





いつしか俺達は大人になるにつれて


ぺこ「僕を、ここまで育ててくれたみんなに」





自分自身で、勝手に限界を作ってしまっていた


ぺこ「僕、恩返しがしたいんだ!」






俺達は気づかされたんだ、ぺこが、その小さな体を震わせて


ぺこ「僕が負けたら、僕が負けたらみんなを救えないから・・・!!」





だいまじんに1人勇猛と立ち向かうその姿に


ぺこ「かかってこい!だいまじん!!!僕が相手だ!!」













「出来ないことなんて、無いんだ」とー


ぺこ「僕はぺこ!いつか、アストルティアのスライム王になるスライムーぺグフッ!!!」


















その後サポ入りパーティで4−4で行ったら普通にクリアできました。
なかなかこのストーリー次に繋がる感じで良さげなのでやっていない方は是非ー。




応援クリックよろしくぽん!
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
 無題
ジュウスさんが途中で正解(サポ入り4-4)に気付いてくれて、読んでてホッとしましたwww

でも道中すんごい楽しそうなんですけどーw
(イコプさんの死闘が特にw)
レインディア 2014/01/06(Mon)13:07:16 編集
 無題

レインディアさん

まじでHP一桁とかになりながらの死闘である意味面白かったですよ!!でもこれ1人でいくひとはどうするんでしょうねえ!!
イコプ 2014/01/07(Tue)01:35:17 編集
 無題
以前から閲覧させていただいておりますが、初めてのコメントです。やはり、イコプさんは天才ですね。その文才には惚れ惚れします!ブログ、大変でしょうが、楽しみにしていますね、これからも!
ペイン 2014/01/07(Tue)10:00:27 編集
 無題
やっぱオモシロイナ〜〜!
エノ 2014/01/07(Tue)19:16:02 編集
 無題
ペコちゃんの1つも諦めてなかったのとこで涙腺が(´;ω;`)
めいみ 2014/01/21(Tue)11:47:21 編集
 無題
>ペインさん

読んでくださってありがとうです!文才はないですけど、タイピングはまあまあ早いほうなのでそれでごまかしてるブログですよお!読みにくい文章ですけどまたきてくださいなあ^x^

>エノちゃん

ふえふえふえ
遊ぼう!



>めいみさん

偶然ぺこだけ残ったんですけどね。なんか一人で一生懸命戦いだした姿に感動しました!でもすぐ死にました!
イコプ 2014/01/25(Sat)10:41:08 編集
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 畢竟ドラゴンクエスト All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]