忍者ブログ
DQ10で活動中の魚人。 チーム「コスポ・ミ・レイジュ」所属。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝目覚め、布団の中ツイッターを見ましたら「雪が降ってる!」みたいなツイートが散見されましたので


粉ぁーーーーー

雪ぃーーーーー

ねぇ

心まぁでしぃーーろくーーーー

そめらぁーーーれーーーたーーーなぁらーーーーーー

嗚呼ぁーーーーあああーーーーーーー



と目をありし日の少年のようにキラキラさせて窓を開け放ちますとこれはもうまったく降ってなかったので速やかに二度寝しましたイコプです。


 



さて、試練の門とタコメットだけでじわじわとレベルが上がってきている私です。
私実は「驚くほどクエストが面倒」という性格でして、職業クエとか全然やってないんですよね。

しかし、ピラミッドとかに魔法戦士で参加してて、「イコプ必殺これば連続で行けるね」と言われてる中で「うんうん、でも必殺持ってない」とはとても言えずMPパサァーッ!!と叫び放ち魔法の聖水を配るのもちょっとアレかなあと思い始めてきたんですよ。


ですので、そろそろ職業クエくらいやりますか!と思い立ちました。

私がやってない職業クエは、レンジャー、魔法戦士、賢者、魔法使い、戦士、スパスタ、魔物使い、道具使い。多い。

ポルカが強いという噂を聞いたので、レンジャーからまずはやってみようと思います。

そして、基本的にストーリーはA連打するタイプの私ですが、せっかくやるなら今回は真剣にやってみようかなと思います。
連打しているから作業になってしまうのだ。
真剣に感情移入して、もう言わば現実とおんなじくらいの気持ちでストーリーに向き合えばそれはもうすごいドラマティックな出来事になるに違いありません!よーし!そう思うとなんかやる気になってきた!死んだ魚の目をしながらテレビに向かおうとしていた俺の目に光が宿りはじめた!

パァーッ






ということでものすごい感情をこめてレンジャークエをやってみます。

ストーリーのネタバレがものすごいあるので、まだやってない方は見てはいけませんぞ!

























さて、まずレンジャーになります。
私はレンジャーのレベルは80です。
職業クエの受注可能レベルは30から。職業クエの最後のクエでも50レベルが適正だったと思うので、これはもう半端ないオーバースペックであることが予想されます。

これは言うなれば、子供会の野球大会に突然ダルビッシュ有が来てしまったくらいの衝撃的な状態です。



「よーし!野球大会、がんばるぞー!」






「ダルビッシュ!!!」






 
「まじかよ」





今日の大会でヒットを打ったら妖怪ウォッチを買ってもらえる予定だったたけし君もこれには絶望してしまいます。そこで、こんな子供の時から不条理な世の中の圧倒的な暴力にさらされ兼世的な思想にたけし君が囚われてしまうことを防ぐために、バランスととる必要があります。


ということでレンジャークエは、ソロでプレイすることにしました。
つまりサポなしです。
80レベルといえども、ソロでのクリアはなかなか難しいのではないでしょうか。4人でプレイすることを前提に作られている状態の中、1人でプレイというのは単純に考えれば4分の1の力になるということです。これでバランスがとれるというもの。たけし君の例でいえば、ダルビッシュ一人対子供たち9人でプレイすることでバランスが取れる、たけし君もまだ妖怪ウォッチをあきらめずにいられる、母さん僕頑張るよ!とまあそういうことになるわけです。

ここで読者の方の中には、「そうは言ってもダルビッシュには勝てないのではないか」と訝る方もおられるでしょう。

確かに、ダルビッシュはまさにプロ中のプロ。メジャーリーガーですら簡単には打つことのできない物凄い剛腕の持ち主。たとえダルビッシュが一人で子供たちが9人居ようとも、到底敵う相手ではないのではないかー。

しかし安心してください、ここで野球というスポーツのルールを考えてみますと、打倒ダルビッシュへの活路が見えてくるのです。順を追って説明しましょう。


1 ダルビッシュがピッチャーの時

つまり、子供たちが攻撃の時です。
ダルビッシュはメジャーリーグで活躍するピッチャーですので、彼が本気のストレートを投げようものなら、子供たちのスイングでは触れることすらできません。むしろ、動くことすらできないでしょう。その剛腕にバッターボックスに入る前に泣き出す子もいるくらいです。

しかし、意気揚々とマウンドに上がったダルビッシュに重くのしかかるのは、一人であるという不利。ダルビッシュはマウンドで気付くのです。キャッチャーがいないことに。



キャッチャーがいない中で、ダルビッシュが全力で投球をするとどうなるか。
まず、キャッチャーがいないのでそこにいるのは審判です。150㎞/hを超える剛速球が、当日審判に抜擢された肉屋「魚神」の主人、村林さんの股間に吸い込まれていくことにある。村林さんはもうたまったものではありませんので、死ぬ気でよけます。もうボールとかストライクとかそんな判断をしている場合ではありません。彼も命がけです。すると、そのボールは公園のはるかかなたまで転がっていきます。ワイルドピッチ。つまり、この瞬間子供たちはバットを投げ捨て、塁に走り出すことができるのです。蒼白としたダルビッシュが全力でボールを拾いに走っていっても、すでに時は遅し。汗だくで戻ったダルビッシュに、3塁へと進んだ子供は不敵な笑みを浮かべているのです・・・。


焦るダルビッシュ。
気付いたのです、自分はキャッチャーもやらねばならないと。
しかし、ダルビッシュもプロ中のプロです。
ここでダルビッシュは編み出します。フライのような超スローボールを投げこみ、その間にホームまで走ってキャッチャーもするというテクニックを。メジャーもうならせた剛腕は、はるか天空にボールを投げるやいなや、ホームまでダッシュ、そして捕球。

並のピッチャーではその鋭角のボールを、ストライクゾーンに入れることなど不可能ですが、ダルビッシュなら可能です。しかしそのボールはただ落下してくるだけのスローボール。子供たちの目が光りました。

「これなら、バントで行けるー」



かくして、ダルビッシュはバントで子供たちが転がしたボールを速やかに拾い、走る子供を追いかけてタッチすることでアウトが取れる。しかし、子供がボールを遠くまで飛ばしてしまったら、間に合わず点が取られる。という、絶妙なバランスが成り立ったのです。

2 ダルビッシュがバッターのとき

バッターはそもそも一人なので、これはもうダルビッシュ優位となりそうなものですが、しかしそう簡単にはいきません。
なにせ一人なので、ホームランを打つ以外は、すべてアウトになります。
1塁、2塁で進塁が止まってしまった場合、次のバッターボックスに立つのはやはり自分でありますので、どうしても塁を離れなければなりません。その時にタッチされればアウトになります。つまり、ダルビッシュに残されたのはホームランしかないのです。

そうは言っても、子供のピッチングを、プロの野球選手であればホームランにすることは簡単なことです。

つまり、この試合はどちらがより多く点を取るかーそんな、乱打戦になるのです。



一人の豪傑が、力でねじ伏せるのかー



 
絆が、勝利を導くのかー










運命の戦いが、今、始まろうとしているー!!












続く

拍手[28回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
 無題
さっすがイコプン
ダルビッシュ有を例えに出すなんてわかりやすい!

だっていま彼の所属するチームは・・・
モモ 2015/01/30(Fri)11:15:53 編集
 無題
あっこれ続かないやつだ
NONAME 2015/01/30(Fri)11:51:41 編集
 なんて
おもしろいんだ。
最高です!
NONAME 2015/01/30(Fri)19:54:48 編集
 無題
すばらしい発想力!感服いたしました★ 次も待ってます^^
NONAME 2015/01/31(Sat)17:11:01 編集
 無題
さすがの考察系ブログですなw
NONAME 2015/02/04(Wed)23:28:38 編集
 無題
>モモ

調べてみたらなんかダルビッシュ温存がどうとか鳴ってるみたいですね!?全然知らなかったですけどちょっとタイムリーな感じになったみたいでよかったよかった。

イコプ 2015/02/07(Sat)15:45:53 編集
 無題
>のなめさん

そのコメントにリアルで笑いました。
僕もこれ続かないやつかなあと思ってましたけど、何とかこうにか続けられてよかったです。終わらないやつかなあとはまだ思ってます
イコプ 2015/02/07(Sat)15:46:57 編集
 無題
>のなめさん

ありがとうございます!ドラクエブログ頑張ります!
イコプ 2015/02/07(Sat)15:47:51 編集
 無題
>のなめさん

浮かんだ事をそのまま垂れ流しているという読みにくさがウリだと思ってます。われながら読みにくい。
イコプ 2015/02/07(Sat)15:49:11 編集
 無題
>のなめさん

いえ、頑にチャットログ系ですよ!チャットログ1つもないですけど頑にチャットログ系だと言い続けます。ぶれない。でもまあ最近チャットログ撮影するのが面倒になってきてたのでやっぱり考察系として頑張ろうかな!わーい!
イコプ 2015/02/07(Sat)15:52:54 編集
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 畢竟ドラゴンクエスト All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]