忍者ブログ
DQ10で活動中の魚人。 チーム「コスポ・ミ・レイジュ」所属。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 第一話 http://hikkyoudq10.blog-mmo.com/日記/罪と罰
  
 第二話 http://hikkyoudq10.blog-mmo.com/日記/掴め、その震える手を

今日のお話は上記を読んでからお読みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 切立つ岩石はごろごろと並び、でこぼことした露頭がそびえる。鉱物に占められたやせた土を、強い風が抉るように吹いていた。そこにほのか疎らに見える緑の植物達は、不毛な大地に根を張ることを選んだという強い意思を感じさせる。

 ここはエゼソル峡谷。自然の厳しさと、生命力が相見える地。


「取れる・・・かな」

 足元に転がる小さな石をじっと見つめながら、聞こえるか聞こえないかの中間くらいの声で、こたつは呟いた。震える語尾が吹きつける風に溶けて消える。それは来る誰かの返答に怯えているかのようだった。俺はすっと息を深く吸い込み、呼吸を止める。そして答えた。

 「取れるよ。いや、取る」
 「ーうん」

 交わる会話と裏腹に、視線は交差し、結ばれなかった。しかしそれは今に限ったことではなく、あの日を境に、今日までずっと続いていることだ。消して溶けあわない二つの気持ち。迷宮に行こう、ボスを倒そうと半ば無理矢理に撹拌させても、残酷なまでに静かに分離していく。冷たい水と、冷えた油のように。

 「大丈夫だよ、レアドロだって、あるしね!さ、行こう!」
 レイシャは大げさなくらい明るい声で、呟いた。ほら、大丈夫、と笑顔で俺にうなづく。気にかけさせてごめんな、と俺は苦笑で返すと、眼前に広がる大きな池を見つめた。陽光に煌めく反射がまぶしい。

 こたつ、池が光って、まぶしいな。

 後でそんなたわいもない会話をしよう。俺たちの間に取り戻したいのは、そんな小さな会話なんだ。とてもたわいもない、だけどとてもかけがえの無いことなんだ。
 俺はパンパンと頬をうつと、叫んだ。

 「行くぞ!ちからの指輪、取る!」





 その日、チームにログインしていたのは4人。こたつ、レイシャ、キキ、そして俺だ。エゾセル峡谷でレベルをあげていたレイシャが、俺を誘った。
 「一緒にレベルあげ、しない?」
 「ん、いいよ、行こうか。またレイシャは変なところでレベルあげてるねw」
 「冒険なんだよ。他に誰か来る人いる?」
 「エゾセルってどこだっけ?」
 僧侶のキキが尋ねた。エゾセルでレベルをあげる人は中々いない。地理的にも大きな町からは比較的遠く、あまり普段はなじみがない場所である。ただ、そこは最近、あるレアアイテムで有名になりつつあった。

 「ボストロールがいるところだよ、ほら、ちからの指輪で有名な・・・あ」

 禁句、ではない。しかし、暫くぶりに聞いた言葉だった。誰もが意識して避けていたその話題。流れる気まずい、空気。こたつが口を開いた。

 「力の、指輪!ね!」
 「おうおう力の指輪なー!大事なやつだよなー」

 俺はなんと言っていいのか分からず、しかしなんとか絞り出した言葉はまったく内容の無いものだった。キキとレイシャは画面の向こう側で固まっている。静かに動きを止めたチャット欄。手のひらに冷たい汗がにじみ出てきた。

 しかしー。これは、最後のチャンスなのかもしれない。俺は思った。こたつと俺の乖離は、「家族のようだね」と揶揄されるほどのコスポミレイジュの中で、冷たい影を落としていた。あの悲劇の日以来、小さな歯車が狂い始めて以来、大きな全体も少しずつきしみ始めていた。完全に見える一枚岩も、強い一点の衝撃には弱い。一つのひび割れが、修復することなく大きくなるのを、もう黙って見ている訳にはいかない。取り戻そう、俺たちの一枚岩を。これが最後のチャンスだ。

 そう思う裏腹に、キーボードを打とうとする俺の手は固まっている。俺は同時に理解していた。失敗すればもう後がないことを。もしこれで手に入らなかったら?こたつの心はどうなってしまうのだろう。こたつが俺を思う気持ちは、どうなってしまうのだろう?想像するのも怖かった。活動停止。しかし俺は画面の向こう側でおそらく同じように固まっているこたつのことを考えた。

 きっと今、こたつは震えている。そして怯えている。

 その時、脳の他の部分がこたつと出会ったときのことを思い出させた。あれはオルフェアで、レベルあげの募集をしていた時のことだ。まだチームを作るお金も無かった。小さなプクリポの武闘家を見かけて、一緒にやりませんか?と尋ねたとき。なんてテンションの高い人がいるんだと思った。それからずっと一緒にいるようになるなんて、そのときは思わなかったけど。
 
 たった6人で始めたチーム。それから殆ど毎日のように、色々なところに行った。キークエストをやったり、かばんを拡げたり。今ではあんな弱く感じるリザードマンも、あの時はどうしても倒せなくて、みんなで考えた末にこたつが外からずっと応援してくれて、やっと倒せたこともあった。あの時は本当に嬉しかったな。

 あの頃と、今。
 どこか違っている。それはやっぱり、俺とこたつの間に出来てしまった、冷たい溝みたいなものなんだろう。俺は悔しくなった。恥ずかしいことだけど、目に涙がにじんできた。あの頃に、戻りたい。俺たちはこんなんじゃない。友達?違う。俺たちは会ったことも無いけど、家族だったはずなんだ。家族が離れるなんてことが許せるわけ、無いだろう。



 「こたつ、ちからの指輪、取りにいこう」



 沈黙が流れた。
 1秒だったかもしれないし、1分だったかもしれない。
 俺は瞬きするのも忘れ、黄色いチームチャットの画面を見つめた。
 刹那の永遠だった。

 こたつの返事が表示された。





















 「行きたい」






















 こたつ。
 俺、今度こそがんばるから。




ーーーーーーーーーーーーーーーー


 

 ボストロールは手強い。
 痛恨の一撃は、たったの一撃で容易に命を奪う。
 メイン僧侶のキキの巧みな回復をもってしても、その連戦はMPを奪う。魔法の小瓶がみるみるうちに減っていった。
 「次こそ出るよ!」
 「だね!」
 キキとレイシャが鼓舞してくれる。「そうだな」「絶対出る!」と繰り返す俺たちも、冷徹に過ぎ去る時間と共にその言葉の真実身が失われていくのに気づいていた。ぬるり、という表現がふさわしいだろう。俺は必死で気づかないようにしていたその感覚が、ぬるりと、脳髄に迫り来たことに怯えていた。馬鹿野郎・・・イコプ、おいイコプ・・・お前、それでいいのか?まだやれるだろう、まだ、倒れる訳にはいかないだろうーしかしー俺はもう充分がんばったんじゃないかーこれだけやったならもうー




睡魔



悪魔の名を関するその表象名詞。

生物が脳という高次機能を持つことの代償に嫁せられた、絶対の制約。
脳幹という生命の中枢に直接叩き込まれる、巨人の一撃。それが眠りという、悪魔。


「イコプ・・・?」

動きを止めた俺に、いぶかしげに表示される問いかけの言葉。
馬鹿な、違う、俺はまだやれる。

「大丈夫、さあ、次に行こう」
「イコプ、無理、しな」
「行けるって言ってるだろ!!・・・ごめん、さあ、行こうあそこにもいる」
「・・・」

テレビのボリュームを最大にする。
あらゆる刺激を総動員する。頬を叩くだけでは手ぬるい。暖房を切る。窓を開けよう。コーヒーを一気のみだ。手ぬるい。上着を脱ごう。いける、まだ行ける。俺は、まだ戦える。

「盗む、さあ、盗むぞ」
「イコプMP!」
「ああ、そうだった小瓶だよな、ん、そう、小さな、小瓶」

限界が近かった。もう駄目かと思った。
しかし、薄れ行く意識の裏側に、張り付いたように見える世界があった。




ー力の指輪をとって、涙をいっぱい貯めて、でもにこって笑う、その笑顔ー

ーその笑顔を、俺は、取り戻したいんだー

ーこたつの、その、笑顔をー

うつつと現実の中で相見える世界で、その笑顔だけが俺を奮い立たせる。







ーその笑顔をー







ーその笑顔をー







ーその、笑顔をー













チリリーン






音がした。

静かに、流れる時。






誰もが目を疑った。そして怯えた。

金色に煌めく宝箱に、近づくことすらできない。メダルだったら。

俺は動くことができなかった。開けられない。これがメダルだったら、もう・・・



固まるレイシャ、キキ、そして俺。しかしそのとき、こたつは静かに宝箱に近づいて行った。
その姿は俺にはスローモーションのように見えた。

宝箱の前で、固まるこたつ。

俺は目を閉じた。




そして、ゆっくりと、目を開ける・・・
















・・・

やりやがった・・・

ははっ・・・やりやがった!!!

やりやがったよ俺たち!





涙で画面が見えない。

こたつに駆け寄る3人。こたつ、お前今どんな顔してんだ。

いやどんな顔でもいい、こたつ!にこって、笑ってくれ!





















































こたつ「みんな、ありがとう」












=こたつと力の指輪物語=








こたつよかったねと思ったらクリックを御願いします!

















おまけ エピローグ



ヴェリナード

「さー合成しましょうかね」



攻撃力プラス攻撃力プラス神様仏様なむみょーほーれんげきょーぶつぶつ攻撃力プラス・・・



合成おねがいしまーす よーしこたついけー!!






・・・ 

こたつ・・・さん?








こたつ「守備力+1」







・・・














=本当に完=




拍手[114回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
 感動の巨編
長時間カタカタおつかれさまでした。

イコプの美化+12が気になるところだけれども。。!
映画の情景のようにそのシーンが思い浮かんでくる文章力には脱帽です(^∀^)
こたつの喜ぶ顔はこっちまでうれしくなっちゃうね!
ミイホン 2013/02/20(Wed)20:36:03 編集
 無題
いやー感動の超大作だね!

こたつん!おめでとう!

リーダーお疲れさまでした( ̄^ ̄)ゞ

すぽぽびっち 2013/02/20(Wed)21:00:23 編集
 感動した!
でも。。オチが残念(。・ω・。)
ちぇか 2013/02/20(Wed)21:06:04 編集
 無題
感動しました!!チーム愛って素晴らしいですね( ノД`)

次回作にも期待してます!!こたつさんかわいいっ(*´ω`*)
カモミィル 2013/02/20(Wed)21:07:12 編集
 無題
全アストルティアが涙する三部作ですな。
僕もなんだか、うっすらと滲むものが・・・


NYOじゃないですよ。
ぐてぃ URL 2013/02/20(Wed)22:09:12 編集
 感動した!!
が!しかし!

このブログには重大なミスがある。

合成して得た効果は

守備力+1だ!!!!!
(´:ω:`)ブワッ
匿名希望 2013/02/20(Wed)23:43:20 編集
 感動した!!
が!しかし!

このブログには重大なミスがある。

合成して得た効果は

守備力+1だ!!!!!
(´:ω:`)ブワッ
匿名希望 2013/02/21(Thu)00:29:14 編集
 >みいほん
いや美化どころか真実100パーセントの日記になりました。ドキュメンタリーですまさに。いやーよかったよかった。
イコプ 2013/02/21(Thu)02:06:19 編集
 >びっち
我ながらこれは感動した・・・書いてて涙が出そうになったよ・・・よかったよかったこたつよかったな・・・
イコプ 2013/02/21(Thu)02:07:00 編集
 >ちぇか
守備力だって大事だよ!固いほうが、死ににくくなるからな。防御は最大の攻撃、って、いうもんな・・・。
イコプ 2013/02/21(Thu)02:07:52 編集
 >かもちゃん
こたつの魅力を存分に引き出せたとおもいます。やり遂げた。
イコプ 2013/02/21(Thu)02:08:38 編集
 >こたつ
あれ、1だっけ。
それはひどいwwwww

直しておいたwww
イコプ 2013/02/21(Thu)02:09:12 編集
 >ぐてぃ
エブランチル、マックスドーズていってみましょうか!

お互い頑張りましょう!!
イコプ 2013/02/21(Thu)03:26:30 編集
 無題
やっぱり楽しい!!!文章はおもしろい!!!
私もパーティー組んでみたいなーw
モモ 2013/02/21(Thu)09:03:45 編集
 無題
今回はうって変わって文字いっぱいのブログですね。途中、これは3度目の寝落ちかっ!?(>_<)ってハラハラしましたが、最後のこたつさんの笑顔でほっこり癒されました(*´▽`*)イイネー

(私はあの超有名ブロガーのかえでさんとは全くの別人なんです。気を使わせてしまって申し訳ないです。)
カエデ 2013/02/21(Thu)10:20:17 編集
 無題
ほんと感動しました。感動の嵐でした。。。

こたつさん良かったですね&かわいいっ!!
 
私も25サーバーで活動してます^^またよろしくです~
アキマ 2013/02/21(Thu)11:12:26 編集
 無題
いつも楽しく面白く読ませてもらってます(^-^)
三度目のね落ちであのイコプさんの「起きたら朝だった」みたいな画像期待もしてましたが、こたつさん指輪ゲットできて良かったです!
イコプさんのチーム記事大好きです♪
アステア 2013/02/21(Thu)12:33:24 編集
 無題
こたつさん良かったね!こたつさん!!(´:ω:`)
ジュディス 2013/02/21(Thu)12:34:11 編集
 思わず号泣
初めまして!素晴らしい表現力に毎回楽しみに読ませて頂いてます!

すっかり罠にはまってしまい、5回読み直して、5回とも号泣してしまいました >_< ; こたつさんの笑顔が最高!!今日一日、ほんわかした気持ちで過ごしました。

皆でお祈りして、練金して、店長ださんかい!も最高です!ちからのペンダント合成の時に同じ事言いました:)

指輪ゲット、本当におめでとうごさいます!
ナッキ〜 2013/02/21(Thu)16:50:15 編集
 無題
全米が泣いた!
こたつさんおめでとう!!

いやはや一つ前の記事の後にこういうストーリーを考えられるのがすごいです
しかもどっちも内容に引き込まれていきますね(^^面白い
ちゃんとオチがつくとこがイコプさんらしいです
ではまた遊びましょう
アキラ 2013/02/21(Thu)18:56:34 編集
 無題
こたつさんおめでとおおお!
本当感動したぞ!
こりゃもう映画化しちまうぞ!
まあオチもありとしてw
三度目の正直だな!おめでとうそして
お疲れちゃーん☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
十六夜 2013/02/21(Thu)21:32:01 編集
 無題
リーダー、力作執筆お疲れ様。
あとの事はジュウスに任せて安らかに眠ってください。

こたつんおめでとー!(オチまで含めて)
もう一個盗りに行こう。
そんでもっかいだけリーネちゃんを信じよう。

MONOGOi URL 2013/02/22(Fri)10:18:34 編集
 無題

こたつさんとイコプさんとのストーリー心にぐっときました。

そして最後のオチを見ました……

私の涙を返して!!!!!wwww
うる 2013/02/22(Fri)12:28:34 編集
 >ももさん
おもしろいだなんてありがとうです!

ただこの話は感動巨編だったはずなので、泣ける!が正解です!

パーティまたやりましょなんかー!
イコプ 2013/02/24(Sun)14:32:32 編集
 >カエデさん
いえいえこちらこそ気を使わせてごめんなさい!

前回は一文字も書かなかったんで、今回はちゃんとブログっぽくやらなあかんという焦燥感が僕を駆り立てました。

プクリポ笑顔はいやされますのぉぉ
イコプ 2013/02/24(Sun)14:33:57 編集
 >アキマさん
こたつさんは見た目かわいいんですよ!

中身は!

はい!

また遊んでくださいぜひー迷宮行きましょう迷宮行きましょう
イコプ 2013/02/24(Sun)14:35:16 編集
 >アステアさん
今回は見事にやりとげましたよ!

起きたら朝だった事件は今後も繰り返すと思いますが。。。

チーム記事は自分でも書いてて平和だなーっと思うところで、お気に入りです。ありがとうです!
イコプ 2013/02/24(Sun)14:37:04 編集
 >ジュディス
こたっちゃん!こたっちゃん!;;
よかったよかった;;
イコプ 2013/02/24(Sun)14:37:53 編集
 >ナッキ〜さん
初めまして!5回も読むってまじですか!ありがたやありがたや・・・
こたつの写真は3枚目のやつが凄い気に入ってます!さりげにとなりのキキが超嬉しそうなのも気に入ってますw

次のバージョンアップで店長実装くるといいですね。

苦情受付係として。
イコプ 2013/02/24(Sun)14:40:27 編集
 >アキラさん
昨日はお疲れっした!

きほんてきには感動系ブログなんで、こういう記事が多くなります^^

また風呂屋いきまそー
イコプ 2013/02/24(Sun)14:42:02 編集
 十六夜
ありがたやー!
力の指輪物語!
CGを駆使した多様なアレになりそうですね!全7分くらいの超大作!!

実際は5度目くらいの正直かもしれないんですよこれ!
イコプ 2013/02/24(Sun)14:43:48 編集
 >ごぃさん
サブリーダー実装くるらしいね!
完全にジュウス。

むしろ俺がサブになるべきか・・・

4つほしいから、またいくよ!
ごぃさんメインだったはずの盗賊あげといて!
イコプ 2013/02/24(Sun)14:45:05 編集
 >うるさん
うるさん昨日御会いしました!?よね!?ちがったらごめんなさい!

最後のオチはしょうがないですリーネちゃんが悪いからねしょうがないです
イコプ 2013/02/24(Sun)14:45:59 編集
 無題
昨夜はありがとうございました。

わざわざネタまで仕込んでいただいて、感動しました。
ええ、この記事に感動したのと同じ種類の感動です。

最近忙しくて、コメント付けれなかったんですけど、やっと言える。
もう何度読んだかわからないけど・・・今日もお腹痛いwww
もみじ URL 2013/02/24(Sun)21:04:41 編集
 無題
はじめまして、こんにちは。
こたつと力の指輪物語、とても楽しく読ませて頂きました。
文才のある方は羨ましいです(^ω^)

先日の もみじサンのイベントでは楽しいサプライズパフォーマンスを
ありがとうございました♪
私のブログで目撃情報と イコプさんのブログを紹介させていただきました。
事後になってしまいましたが、ご報告に参りましたm(_ _)m
ガーネット 2013/02/25(Mon)17:59:53 編集
 >もみちゃん
イベントにいってもみちゃんはたくさんの人に愛されてるなあーって感じたよー!!!

月並みだけど、人徳ってことだよね!

また遊びましょう!たとえ中身おっさんでも、なんかもう優しい女の人にみえてきた!レディーとして、これからもよろしくってかんじだよー!

そういえばプレゼントわたしわすれた。タンスにねじこんどくわ。
イコプ 2013/02/27(Wed)01:58:47 編集
 >がーねっとさん
貴女に見つかったときは「ヤるか」と思いましたが、よかったですあなたで!ブログ書いてらしたんですねー!面白かったです!また御邪魔します!

文才なんて一つもないですけど、Blogって書いてて楽しいですねえ。またお互い楽しくやっていきましょうぞー!
イコプ 2013/02/27(Wed)02:01:06 編集
 無題
最近ブログを拝読して、すっかりコタツさんの虜です。(≧∇≦)
こんな時期あったな〜なんて感傷に浸っているところにオチの一撃…
会社のデスクでコーヒー吹きました…
懐かしの牛乳ファイトをくらった気分す…
今後もコタツネタ期待してます!!
わか 2013/11/28(Thu)12:50:56 編集
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 畢竟ドラゴンクエスト All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]