忍者ブログ
DQ10で活動中の魚人。 チーム「コスポ・ミ・レイジュ」所属。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「THE TEIKEI」

定型文しばりの漫談勝負!
真の定型文使いは誰だ!

2014年2月17日 23:00 - 24:00 


というイベントを行って参りました。








えー世間では「あれはーだれだっだれだっだれだっあれっはーだれだっバージョンアップーバジョンアプー」とまあそのくらい盛り上がっているご時世ですが時流になど1つも乗っかるわけには行かない元祖マイペース系ブログ畢竟ドラゴンクエストですのでイベントレポートを何回かに分けて書いていきます。自由とは自らに由る書きますので私が私の責任の元に生み出すべきものなのです。AH!FREE!!!


事の発端はこうでした。

ある日職場で「疲れたなあ今日帰ったらドラクエ何しよ」と思っていた時に、ふとTwitterを見てみますとフレンドのきりつぐ氏が目にとまりました。きりつぐ氏といえば知る人ぞ知る定型文の使い手。

レオのレオによるすべる話にて進行をつとめた際の彼の定型文が集いし大勢のプレイヤーを「お、おう」と唸らせるものであったことは記憶に色あせません。



色あせない記憶





ということで今日はそうだ彼と遊ぶしか無い、遊ぶしか無いというかこの際イベントをやろうそうだそうだそうしようと思い立ち、さっそくイベントを行うためのアポイントを取り付けます。






いささか急なお願いだったかもしれません。

フレンドだからといって今日の今日でいきなりイベントをやろうなんて言われて「はいそうですか」とは行かないのが普通でしょう。しかし、私は信じていました。きりつぐはやる、やってくれる。たとえ平日の夜だろうとも「やろ」と、さも「飯食いにいこ」「いこ」くらいのテンションで快諾するくらいの器は当然のように持ち合わせている男だと、信じていたのです。

そして数分の後、返信が来ました。




えっ?マジで?


今日やれるの?マジで?平日やで?今日もう5時間くらいしか残ってないで?

と半ば冗談、半笑いで送ったメールでしたが、もうここまでくるとやると決めたらテコでも聞かないきりつぐ氏を止められる人は誰もいません。正直一緒に遊んだのは2回くらいですのでよくわかりませんがきっとそういう感じの男だと思いますので私も覚悟を決めました。やろう。イベント、成功させようぜきりつぐ!!!二人の男が大きな目標に向かって手をとりあって動き出した瞬間でした。


そうと決まっては時間がありません。
すぐさま詳細を詰めるための、打ち合わせに入ります。











最後までゴッドオブ定型文をやめよハードル下げよと言っていた彼の意見を取り入れた末ついにたどり着いたきりつぐ氏の二つ名は【アストルティアのゴッドオブ定型文、定型文を統べる者、奇跡の定型文使い、定型と共に生まれた男】とやや長くなってしまいました。しかし勝負の勝敗はそんなきりつぐ氏に全権をゆだねることで、有無を言わせぬスムーズな進行が期待できます。芸術を評価するのは、優れた感性の持ち主に一任するしかないのだと、話題のフィギュアスケートの採点にまで風刺をきかせるかのようなー最高のイベントが始まる予感がしてきました。







そして帰りのバスの中でブログに告知記事を作成。
無事21時ころ、イベント開始の告知を行うことが出来たのです。





告知後、21時頃ログインします。
まずやる事は、会場設営です。


会場はMサイズの家が良いと思い、プイコの家と決めました。



チーマーのフジコに手伝ってもらい、設営。

こたつとザブトンを大量に敷きます。
フジコが座布団をしいて、「出来た」と嬉しそうにしていましたので、
「座ってみて」と指示。
「あれっ反対や」と向きがバラバラでしたので、
「前向くように全部チェックしてね。全部」と冷徹に言い放ちます。
「ふええ」

大事を成し遂げるためには情を捨て去らねばならる時もあるのや・・・!
フジコ、漢になれ・・!!





チェック中








あらかた準備が出来まして、少し外を見に行きますと、開始30分くらい前でしたでしょうか。
すでにお客様が来ておりました。



二人くらいしか来なかったらどうしようとフレンドとも話をしていたのですが、大丈夫です成り立ちそうだと安心しました。



そしてイコプに着替えて、時刻は22時45分。
時間になりました。
いざ受付開始・・・




23:00



THE TEIKEIの称号を得るのは、果たして誰なのかー。

イベントの始まりです!!


<THE TEIKEI CM動画;音が出ます>



次回へ続く

次回は試合全ログを作成予定。
TEIKEI使い達の死闘の記録・・・お楽しみに!













追記:
おかんのお話、メタスラの絵本、コメント、拍手、Twitterでのリプライ、Retweet、本当にありがとうございます!
拍手も含めて、全部大喜びで読ませて頂いています!
おかんプレイヤーの方からも沢山お返事頂きましたし、ドラクエやってるたくさんの方が共感いただけたことが嬉しいです!

嬉しいことにりっきーDもあの記事を読んで頂けたようで、TwitterではりっきーDのRetweetもいただいて多くの方の目にとまることが出来たようです。あの記事のコメントを含めて、制作者の方に伝わったところがあったなら、ほんと書いてよかったなあと思いました。

普段はあんな記事はあんまり書いてなくてむしろ中身ゼロの日記ブログなんですが、初めて読んだーって方も、またお暇な時にでも読んでくださるとありがたいです!はい!




拍手[85回]

PR
本日イベント行います!


「THE TEIKEI」

定型文しばりの漫談勝負!
真の定型文使いは誰だ!


【場所/日時】
2014年2月17日 23:00 - 24:00 (本日)
アズラン住宅村 のどかな農村地区 2747丁目1番地 プイコ邸

【概要】
参加者の方は自由に定型文を予め準備してください。

大会出場者は会場にてランダムでペアを決められ、二人で定型文のみで会話していただきます。会話が成り立っていたり、面白かったり、感動したり、とにかく二人の会話がよいかを評価。勝者は二回戦へ。二回戦ではペアはランダムで再び変わる。最後に残った二人が優勝、THE TEIKEIの称号と豪華商品が与えられます。尚、審査員には【アストルティアのゴッドオブ定型文、定型文を統べる者、奇跡の定型文使い、定型と共に生まれた男】などと高名なあのきりつぐ氏を迎える予定。


【参加から本戦まで】

参加者の方は22時45分に家の前に集まって下さい。そして門のまえに何と無く立っているイコプに【メリークリスマス!】というと、イコプさんが!(ピコン!)となって「やあ!◯◯さんも定型文に魅せられた1人だね!◎◎番!」と番号を与えます。先着16名までの参加といたします。人数が集まらなかった場合は、集まった人数で開始としますが、2人以下であった場合はその場でその2人が優勝、THE TEIKEIの称号を得ることができます。

23時になりましたら、参加者、見学の方含め家の中に入ります。
司会のイコプ氏が公平な手段でランダムに二人の番号と名前を呼びますので、挑戦者の方は前のステージに登って下さい。
そして司会イコプの【定型はじめ!】の合図で、予め準備した定型文のみで会話をしてください。この間、観客のみんなは様子を見ましょう。ちょっとくらいのガヤはオッケイですがあんまりの方は私から【静かに】と冷たい叱責が飛びます。

そして審判イコプの【そこまで!】の合図で演技終了。
次の演技者に移ります。

二組のペアが終了した時点で、最高責任総監督兼司令官きりつぐ神の絶対的な判定をいただきます。勝者は二回戦にすすみます。

尚、途中退出者や端数が出た場合は何と無くイコプ氏が選んだ観客に突然出てもらう場合がありえますが、その時は持ち前の定型文で何と無く頑張ってください。

これを繰り返し、優勝を決めていきます。
時間は一時間という短い時間を予定していますので、進行などしっちゃかめっちゃかになると思いますがみんなで作るイベントだと思って頑張りましょう本当みんな次第。

【賞品】

優勝ペアーTHE TEIKEIの称号、はやてのキュロット
準優勝ー10万ゴールド





-------------

君の参戦を待っている!!!



拍手[22回]


こんにちは!






イコプです!








サワッチ
の合成イベントに行ってきました。

パワーベルトを合成して、いかに攻撃力をつけるかを見せつけ競い語らい励まし祝いあうという魂と魂がぶつかり合うイベントです。

これで3回目なのですが、漸くまともに参加できました(途中から)。私はなんだかんだで既にパワーベルトはそれなりに良い奴(攻撃力3、2、1)があるので、参加はせず、観客として参戦です。


ヴェリナードに向かうと、チャットルームに招待されました。
運営用チャットルームだそうです。
ほほう、運営とな。
仮にもブログランキング1位を独走する「ブログ・オブ・ザ・ドラクエ」サワッチのイベント。そんな大きなイベントを滞り無く運営するには、統率の取れたスタッフチームが必須です。勉強させていただきましょう、完璧にシステム化されたチームワークというものを。

イコプがチャットルームに参加しました!



<イベント運営の様子>

このイベントどういう運営スタイルなん・・・





まったく内容はわかりませんでしたが壮絶盛り上がっているようでしたのでそっと静かに見守っていたところ、サワッチが「欠員でた、イコプ代わりいける?」と白羽の矢をいただきました。ほほう、出番か!さっそくベルトを用意して、挑みます。

どうやら二人ずつ合成をするというイベントらしいです。


サワッチ「イコプとレオな」


レ、レオだと・・・!


 




 走馬灯。
 フラッシュバックの様に、瞬いては、消えてゆく、彼女との思い出。
 両雄並び立たずとは言うものの、出来るならばこの日が来ない事を願っていた。だけど、お互い、その運命は必然であるとも気づいていた。紡がれる糸のように、撚り合い、束ねられた時ー戦いは避けられないことを。でも、まさか、こんな形でその日が来るなんてー。



 俺の前に静かに現れた彼女は、いつもの気丈な微笑みの奥に、少し悲しげな色を浮かべていた。
「イコプ・・・私」 
 俺はその言葉を遮るように、努めて明るい声をあげた。
「みなまで言うな。来るべきときが、来ちまったってことさ」
「でも」

 俺は何かを振り払うように拳をあげると、レオに怒声をぶつけた。ぶつかり合う視線は、しかし優しいままで。

「勝負だ、レオ!本当の強さってもんを見せてやるよ!!」
「イコプ・・・ふふっ!負けたほうが、アフロな!」


戦友と書いて、トモと読む。
そんな俺達だからこそ、決めとかなきゃいけないことがあるってことさー。
なあ、そうだろレオ。
いつまでもおままごとじゃあ、いられねえよな!




バーサス レオ

本当の強者を決める、プライドが真正面からぶつかり合う。
そんな戦いが始まったのだー。















リーネさん!合成オナシャス!









ボヨヨーン









イコプ:力+1 ➡ HP+1

















アカン













まずいまずいアフロはいやだよ助けてお母さん

HP+1って理論上一番悪い奴です。この時点で私の勝利は無くなっていますマズイどうするレオを買収するかいやそれよりここはフレンドを切ると同時に電源を切ることで全ての事象を無かったことに出来るのでは

そんな強い思いが脳裏を駆け巡っている中、となりのレオの合成が終わる。動きを止めた彼女は、超然とした笑みを浮かべたまま、口を開いたー。








レオ:力+1 ➡ HP+1









 争いは何も生まないー。

 「なあ、ダムトー本当の強さって何だろう?」
 「それはなイコプ。敵を、敵として捉えないってことさ。」
 



 「お前はいつも、難しいことを言ってケムにまきやがる。でもな、今日は何となくーその意味がわかる気がするよ」
 
 ダムトーはくくっと笑うと、飲みかけのヴェリナード特産の冷酒を呷った。うっすらと頬を赤く染めて、ダムトーは言う。
 「さ、戻りやがれ、イコプ。イベントはまだ終わっていねえ。サワッチの野郎が、ついに挑むようやで」
 
 俺は頷くと、イベントに戻った。
 戦いが終わった。そして、だれも傷つくことなく、傷つけることの無い結果を手に入れたのだ。
 私は誇らしげに、HPのついたパワーベルトを片手に、人ごみにまぎれた。
 

 その後サワッチのブログを見ていないので良くわかりませんが、レオとイコプは引き分けだったからアフロ無しでよかったよかったみたいな記事になっていると思ったらアレアレおかしいな二人ともアフロになります皆さんお楽しみにみたいになっているような記事が書かれているような気がしないでもないけど見ていないからわかりませんしそんな馬鹿な道理が通じるわけがありませんよねだって引き分けだったんですしアフロは負けたらアフロって話だったですし二人ともアフロなんて理論的にまったく不合理納得が行きませんまあ見てないからわかりませんのでわかりませんけどもねアッハッハ





絶望的な多忙生活を送るイコプさんに応援のワンクリックをお!⬆

拍手[58回]

こんばんはイコプです!
皆さんは最近ドラクエブログ界を激震させた伝説のイベント、「アリアハンの町人と兵士と勇者と母親とその他タンスとか諸々になろう」をご存知でしょうか!

このイベントは、へんじがないただのしかばねになるブログの著者プランが満を持して放った単独イベントです。かたくなにイベント主催を拒んでいた彼がついに動いたと、フレンドの間では話題騒然のイベントでした。盟友プランの大舞台・・・!色々なブログでレポートが踊ってはいますが、しかしもちろん、この畢竟ドラゴンクエストでも詳細にレポートしていこうと思います!

さて、レポートを始めるに当たって1つだけ問題があります。些細なことではありますが、先に断わっておきますね。俺は寝過ごしたのでイベント行けませんでした。

いや、色々思うところはありますでしょうが、まあ話を聞いてください。

あれは私が高校生の頃のことでした。
部活の先輩にこう言われたんです。
「お前は、確かにレギュラーにはなれなかった。でもな、レギュラーになれるやつなんて、こんな大きな部活の中じゃほんの一握りなんだ。そこでレギュラーになれなかったって、いちいちくさってたってしょうがないだろ。逆にな、レギュラーになれなかったお前には、そんときの悔しさとか、辛さとか、そういうのを経験するチャンスが与えられたってことだ。すんなりレギュラーになったやつにはその気持ちはずっと経験できないだろ。来年、お前が今の俺とおんなじように、レギュラーになれなかった後輩にえらそうにこうやって話せるかは、この経験をどう生かすかってことだと思う。こんな話するのは、まあ、お前見てると、去年の俺を思い出すからさ・・・いや、ははっクサいこと言ってわりいな」

私は涙をこらえるのに必死でした。
何も言えませんでしたが、先輩に何度も頷きました。
だれしもが得られるわけじゃない。だけど、得られなかった悔しさを理解出来るのは、しかし得られなかったものだけなんだ。それから1年間、その時の気持ちをずっと胸に抱えて必死で頑張りました。
翌年、私はレギュラーを掴んだのです。

まあそれは私の作り話ですが、つまりまあイベントに行けなかった人の気持ちが分かるのは逆にイベントに行けなかった俺こそわかるんじゃあないか、行けなかった人の気持ちにより親身に寄り添ってレポートが書けるんじゃないかと、そういうことです。

何せこの企画、平日の午前4時半からという常識ではとても考えられない時間にケラコーナ原生林の奥地という常識ではとても考えられない場所で行われたイベントですから、多くの方は行けなかったと思うんです。イベントを楽しみにしながらも、断腸の思いで行けなかった方が多数派であったと思うんです。その一人であった俺の立場からイベントをレポートすることは凄く意味が有ると思うんですよね。

さ、前置きが長くなりました。
さてではイベントレポートを始めましょう!

その日は確か24時ころまで、プラン、ぺけぴー、ゲドさんとドラクエを行っていました。プランが1%移動速度アップという靴を買ったとかでその効果を実験したいと言っており、プランとぺけぴーのかけっこを撮影するという係を仰せつかっていたのであります。この時点で「なんでそれイベントの5時間前にやるの」と凄く思ったのですが、プランのことだ深い考えがあるんだろうと思うわけなく「なんでそれイベントの5時間前にやるの」と聞いてみたところ「うおおーおー!」みたいな返事が帰ってきたのでまあいいやと思ったような記憶がありますが正直眠くて詳細には覚えていません。

ということで二人のオーガがかけっこする撮影を2時間くらいかかって行いまして凄く眠くなったので「プランイベントがんばれよ!」「うぃー」となりログアウト。次の日目覚めたところ「プラン寝落ちwww」みたいな話題で大盛り上がりで大爆笑でした。以上。






拍手[52回]



みなさん参加しましたか?
オシャレにドレスアップした写真を冒険者の広場から送り込むことで、
優秀者にはキングスライムの帽子と、優秀じゃなかった人にはレンタルチケットみたいなものが配られるという企画であります。
明日までですよ!参加だけでもチケット貰えるので、ぜひご参加いかがでしょうか。

チーマーたちやフレンドさんたちもTwitterとかで盛り上がっていたので、アストルティアの生きるアダムエロペと呼ばれる俺が参加しないわけにはいかない、とちょこちょこ写真を取っておったのです。


最初にとった作品がこちら。



タイトル:白昼の安らぎ
投稿コメント:
静かな昼下がり。うつら、うつらとまどろむ友を横目に、今まで歩いてきた自分の人生を振り返る。そんな日常を切り取りました。






いける偶然ロッソが目つぶった瞬間取れたし是で何となく雰囲気押しよう
と思ったらこれ一人じゃないとだめ見たいですね。
あかんあかんと思って次に取ったのがこれ










タイトル:夜の露天風呂
投稿コメント:
カコーン・・・カコーン・・・。静寂に響き渡るししおどしの音色。まだ薄ら寒い春の夜の風を受けながら、そっと浴びるまろやかな湯。戦いに疲れた日々を癒す男の視線は、普段よりも優しく見えるようです。







この着目点は他には無いでしょう。
突然家に帰ったらお風呂を置いていってくださった方が居たので、それを利用して取った写真。
うっかりしたらどこかの温泉宿の広告かと間違いかねないこの妖艶な雰囲気にキングスライム帽子は確実でしょう。と思ってミイホン氏に「どう?どう?」と尋ねたところ「いいんじゃない」と返事いただけましたが目がまったく笑っていなかったのでやめとこう思い次に取ったのがこれ







タイトル:俺は神になる
投稿コメント
「あんたぁ、あんたぁやめてぇ!!」「馬鹿野郎、俺は、俺はやらねばならんのじゃあ!」男は静止を振り切ると、業火に身を任せた。半狂乱で叫ぶ女。しかし男は超絶として腰に手をあてると、高らかに笑い始めた。「ハァーーーハッハッハッハァー!俺は、俺は神になるんじゃぁー!!グフゥーーーーッ」そんなワンシーンを切り取りました。



よく考えたらドレスアップコンテストどころかドレスアップクエも受けていない俺にこったオシャレなんて無理と気づいていましたすいません実は良く考える前からそれは気づいていました話盛ってました。なのでそこはもう服に頼らず逆に写真から溢れ出るパワー、有無を言わせない説得力、想像をかき立てるような深いストーリー性で勝負しようとおもって撮影したのがこちら。ミイホン氏に「これならいけるんちゃう?いけるよね?」と聞いたところ「あはは」と返事いただけましたが目がまったく笑っていなかったのでやめとこう思いました




で暫く放置しててもうめんどくさくなったからいいか!
と思ってましたが、やっぱチケットだけでもほしいなと今日思いまして、




迷宮から出たばかりのそのままの格好(結晶装備)にて何となくルーラストーンであった入り江に向かい撮像したのがこちらの作品!







タイトル:アストルティア自然調査隊
投稿コメント
アストルティアの自然を守るため、日夜調査に奮闘します。この花・・・新種か!










優勝間違いないなーこれー(飽)





おまけ
「にぼしとこたつ」


















拍手[45回]

PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 畢竟ドラゴンクエスト All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]